o-misono

記事一覧(467)

腹痛

腹痛も臨床では色んなパターンのある症状です。腸炎で酷い目にあったことがある方で違和感があると治療に来られます。お腹の違和感があり、腰痛もあるとのことでしたので、どういう判断をするのか?これが大事です。一つの答えとしては咽の一箇所の炎症反応。つまり風邪です。東洋医学的に言えば陽明系の風邪反応でした。だから腰もお腹も全く関係ない。こういう時に腰やお腹に意識がいくと失敗します。「咽やな~」「手で咽を触れてみて~」風邪の反応と関連する部位をあらかじめ探しておいたので図示してみました。咽から肩、上腕、手首と関連しています。咽に手をあてると、これらの反応が消失します。でも腰は半分減弱のみに留まります。この判断が大事なんです。異常を調整したけど主訴はとれなかったということです。しか~し!!主訴の反応をみると半分減弱してます。かなり効果的だったはずなんです。でも本人は痛いっていうんですよ。動きを見ても先程の動きとは違っています。でも本人は痛いっていうんです。それが普通です。痛いという訴えと身体の反応は違います。そんなことは放っておいたらいい。身体の反応がなくなったらそのまま放置しても大丈夫!!もちろん半分は大丈夫ってことですよ。そして対側のお腹から下腹部までの反応も減弱してるんですよね。この間の治療時間は約1分。しかも鍼は打ってませんからね。金粒をテープにくっつけて貼っただけです。今度は全身に影響を与える異常反応が上腹部に胃の反応として存在していました。胃も右半分だけで食道の方まであり、筋肉と関係しているのは横隔膜の中央のみです。これらが絡み合って痛みを起こしていました。複合しているんですよね。それを調整すると「スッキリしました~」「腰の痛みも楽!!」「お腹も張りがなくなったみたい!!」「咽のイガイガもない」って喜んでもらってました。刺激してすぐに結果がでる訳ですからね。良くなっているのは間違いありません。

昨日は今年はじめての一般の勉強会

昨日は今年初めての一般の勉強会でした。 東京や埼玉、大阪、京都、金沢 からも沢山の方々に参加して頂きました。人数が多くて会場が狭く思うように動いてもらえなかったのはちょっと残念でした。 特に専門家の方は遠方であっても興味を持って楽しんで頂けたのではないかと思います。実は結構プロ向けに近い話しなんですけどね。遠方から来られる方々の期待にそえるような内容にしないと!! 
と力を抜いて楽しみました。 (^^;頑張る訳じゃない。 でも頑張らない訳でもない。 
一生懸命でもなく、一生懸命やってない訳でもない。 これが力を抜く極意。やっぱり力を抜くというテーマですからね。 そういう気持ちで挑みました。 
最初にやってもらったことは、力を抜くのは難しいので、全身に力を入れてみてください!! でした。実はこれが力を抜くのと同様に意外にできないんですよ。 秘密の方法があります。
 簡単に力を入れる方法です。 それをやると横から力を加えられてももの凄く安定します。 全身に力を入れることができる訳です。 
次に全身の力を抜く方法で立ってもらいました。 全然力はいらない~!! ってなります。 今日の講義はこれで終わり!! 
5分で終わってしまいそうになりました。(笑) もちろんこれには色んな仕組みと意味があります。 
大地を引き裂く立ち方 大地をすぼめる立ち方 それだけ聞くと何~?って思うでしょ。興味のある方は是非参加してみてくださいね。(宣伝です)(笑)色んな力の入れ方をやってもらってその力の入り具合なんかも確かめてもらいました。 
また座った状態で力入る? 身体が捻れますか? できて当たり前のことばかりです。 しか~し、これが意外にもできないんですよね。 たったそれだけのことができそうでできない。
 当たり前にできることができないから体調不良を起こしてしまう。それなら、当たり前にできることをできるようにしてあげれば良いということになります。それがカギです。身体の基礎的な動きさえわかれば、今何をしていけば良いかが自然にわかります。基礎的な動きを理解しようとしないから物事が複雑になってしまうのです。←ここが一番重要!!これはどんな職業の人にもあてはまります。もちろんスポーツにもあてはまります。難しい~勉強一杯しても駄目というか、それにあてはまる時は良いのですがあてはまらないと惨敗。知識は、ホンの一部でしかないのです。それを知らなさすぎる。やっぱり身体と頭をうまく使わないとうまくいかないんですよね。その秘訣があります。まぁ~当たり前のことを当たり前にできるよにするだけのことなんですが・・・。文章だけ読んでいるとたったそれだけ~?って思いますよね。しかし、自分の身体が自分で制御できていないことを知ると頭が混乱してきます。これが私の狙い!!頭を混乱させてアホにする。頭が賢いと肩にばかり力が入って、本当に必要なことを見逃してしまいます。私達は大地を踏みしめて移動します。そのことを忘れてしまってます。頭でばかり考えて身体が浮いて地に足がつかなくなってしまいます。これはとても疲れます。アンバランス力が入っていることにさえ気づかない人もいる。講習会と言ってますが私の本当に伝えたいことは、ここにあります。人間は動物です。動物は動く物です。動きを理解しないで人間を語ることはできません。やっぱり座る立つ歩くという基礎なんですよね。昨日参加して頂いた方々はその意味をよ~くわかってもらえたと思います。次回は5月27日(日曜日 午前9時45分から)です。次ももっと楽しい勉強会になりますよ~。自分のことを知るチャンス!!己を知り相手を知れば百戦あやうからず。ですからね。是非プロの方にも沢山参加して欲しいなって思っています。

明日は一般の勉強会です

明日は久しぶりの一般勉強会です。これから3回シリーズで「力を抜く」というテーマでやっていきます。一言で力を抜くって言っても難しいですよね。力が抜けるというのは身体だけでなく心の力も抜く必要があります。これはかなり難しいですが、コツがあります。まずは全身の力を抜く方法これは簡単です。ちょっとしたコツで簡単に全身の力は抜けます。全身が抜けたらもう教える必要ないんちゃう?って思うかもわかりません。全身の力が抜けることはできるのですが、それはあくまでもだいたいです。個人的にはまだまだ力が入っています。それをなるべく抜かないと本当の意味で全身の力を抜いたことにはなりません。でもちょっとした方法で抜きやすくなります。身体の位置を少し変えるだけでもかなり抜けます。大事なことはその人にとって力が入っているところが抜けるかどうか焦点です。だからかなり個人的です。肩に力が入りやすい人、首に力が入りやすい人があり様々ですよね。これは一般的な方法だけでは対処できません。そして大事なことは、その人の力の入っている場所を知る必要があります。個人的に力の入っている場所は違う訳ですから、一般的な同じ方法では良くはなりません。だから何々体操では良くならないのです。細かくなりますので三回シリーズで行っていきたいと思います。この方法を応用すればかなり力が抜けます。そして自分のことを知ることができます。方法論のようですが、方法論ではありません。なぜなら自分自身が最適になる方法であって、全ての人が同じようにやれば同じ結果になる訳ではないからです。最適は人それぞれ違うのです。だから何々体操をやっても最初だけなのです。自分のことを知って力を抜くことを覚えれば非常に快適に生活できるようになってもらえると思います。それが最終的には健康にもつながります。結果を求めるのではなく、やるべきことをやったら結果がついてきた。という結果がとても自然で楽な結果です。一生懸命頑張る必要はありません。大事なことは自分自身の心が結果に焦点をあてずに自分の身体と会話することです。自分の身体と対話しない方法論はどんなに優しい方法でも害があります。やり方や方法論に翻弄されない自分だけのやり方を見つけてみませんか?残念ながら今回は定員になってしまいましたが、補助席なら数名は入りますのでご連絡ください。今回これなかった方も5月6月がありますので、お早めにお申し込みくださいね!!

治療をした後のリアクション

痛そうに入ってきました。誰が見ても腰か足が痛いんだろうな~って思うような動きです。案の定座るのも気を遣って座ってます。「いつからですか?」1週間ぐらい前からです。1週間?そりゃ~大変ですね。反応をみてみると腰には問題ありません。触ってみても筋肉の緊張すらありません。問題は足と手です。手足には圧痛があります。足動かしてください。動き悪いでしょ?この動きとこの動きは悪いと思いますがどうですか?「ええ~まぁ・・・」とは言ってくれてました。確認は大事な治療の要素ですからね。それじゃ~まず手の治療から行います。一箇所刺激すると手の圧痛はなくなって、足まで圧痛が減弱しました。こりゃ~やっぱり腰じゃないよな~。と思いながら、足の調整もちょっとしてみました。まあそれだけなんですが、「はい、立ってみてください」「痛いのどうですか?」「・・・」リアクションがない!!痛いんかな~?って思ったら「痛みがないんです」痛みがないのが不思議で楽になったことはあまり言いません。不思議なのはわからなくもないですが、もう少しリアクションして欲しいなぁ~と思いながらも楽になったので良かったです。こういう何気ない会話の中に色んなヒントが隠されています。人を物としてだけしかみないのか?その人そのものをみるのかによって治療効果は劇的に違う訳です。またそういうところに目をつける治療家でないと治せなかったりするんですよ。単なる理論だけでは効果はないか薄いということになります。痛みがとれた時の行動は人それぞれです。まぁ、あれだけ痛そうにしていたんですから、急激に痛みがなくなるとは思っていなかったんでしょうね。期待はずれなんでしょうね。(笑)痛いことが普通だと痛みがなくなることが普通じゃない。だからそんなリアクションをするんでしょうね。参考にはならないかもわかりませんが、使った穴は左KI10(陰谷)、右ST23(太乙)、左ST38(条口)です。それぞれに理由はありますが、鍼灸のセオリー通りではありません。でも普通に良くなります。

ペットロック

1970年代に大ヒットとなった商品にペットロックというのがあったそうです。なんとその辺にある単なる石ころを売り物にして、半年で5616万6419ドルも売ってしまったそうです。1ドル120円とするとだいたい67億円になる訳ですよね。すご~い!!何か特別な石だったかというとそうでもなくて、本当にただの石ころだったようですが、単なる石なら売れないので一工夫したそうです。それは・・・。1975年、アメリカ人のゲイリー・ダウル(Gary Dahl)が、ペットの飼育には楽しみとともに、ストレスや出費といった欠点をともなうことから、それらの欠点が一切ないペットとして発案した。日本でも1977年(昭和52年)にトミー(現・タカラトミー)から発売された。

商品内容は、ペットとしての石に加え、動物のペットと同じように通気孔のあいたキャリーケース、石を鎮座させるための布や藁、飼育方法や訓練方法を記載したマニュアルと血統書がセットになっている。購入者はマニュアルをもとに、石に対してイヌなどと同様に「来い」「お座り」「伏せ」といった基礎訓練を施し、決まった時間に入浴させ、ベッドに入れ休息を与える。さらに家族、友人、恋人といったペット・ロックを一緒にさせるといった楽しみもある。

引用:Wikipediaだったようです。そんなのがトミーから売られていたなんて全く知りませんでした。もし、知っていたとしてもきっと「ふ~ん、物好きがおるもんやな~」で終わっていて、そんなことも忘れていたのかもわかりません。人によって価値というのは、色んな価値があるんだなと思いました。犬と同様にお座り伏せの方法があったなんてのが面白い発想ですよね。ちょっと手を加えれば石でも売れるようになるんですよね。しかし、それが長続きすることはありません。流行で売れただけですから宝くじにあたったみたいなものですね。昔、マイクロソフトが人気だった頃、アップルはディスプレイと一体型のiMACを発売しました。その前からWindowsを使っていたので、これを使う機会(未だにアップル製品は使う気になれない)がなかったのですが・・・。